Doorkeeper

コミュニティについて

UTC.jpg
UTC(Unmanned Aerial System Training Center)という世界規模の無人航空機の産業パイロット教育・訓練機関に所属するスクールになります。
当スクールの認定資格はDJIの日本法人であるDJI JAPAN㈱が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識。正しい操縦方法、そして飛行モラルをしゅうとくしているかを評価しています。10時間以上の飛行経験がある操縦者が受講対象で実技試験は「ATTIモード」でおこないます。
ATTIモードとはGPSやビジョンポジショニングを切っての飛行となり、このモード未経験で10時間の飛行経験がある操縦者や、他団体の認定資格者保持者でもCAMPでの合格率は30%をきっています。

この認定講座での資格取得を目指して
10時間に満たない方
まったく操縦経験がない方
ATTIモードを未経験の操縦者
などに「ATTIモード実技試験対策トレーニング」も別途用意してます。
CAMPを受けにきて残念ながら当日合格レベルまで到達できなかった場合は補講としてこのトレーニングを受けていただきしっかりとした技術を身に着けて合格とすることも出来ます。

対策トレーニングではDJIJapanの中村パイロットがまとめたドローンフライトトレーニングブックをもれなく差し上げ、その内容の中で覚えておくとよい操縦技術をピックアップして実技指導をいたします。

DJIキャンプイメージ2.jpg

DJIキャンプイメージ.jpg

IMG_2238.jpg
ATTIトレーニング.jpg

 会場は保土ヶ谷区今井町の横浜Sunnyaeroparkと金沢区幸浦の横浜市金沢産業振興センターの二箇所があります。日程とアクセスで選べますのでお好きな場所と日程をお選びください。
https://www.uastc.com/jp/utc_branch/show/382.html

認定資格取得後に実際に運用するときに直面する以下の
・どの機体を購入したらよいのか?
・国土交通省への申請はどうしたらよいのか?
・仕事や趣味(旅行など)で運用する際の
 「民法」「各自治体の条例」「森林法/自然公園法」「河川法/海岸法/港即法」「道路交通法」への対応は?
などの実際に飛ばすまでの当講座出身のパイロットにはメールでのフォローはすべて無料で対応いたします。

 また人材派遣会社のパーソルテクノロジースタッフ㈱とも連携していますので、認定資格取得後にご希望のおかたにはDrone関連のお仕事の斡旋もさせていただきます。

 当講座ご出身のパイロットにはオリジナルの機体や実際に業務に使用するソフトウェアやPC環境などに関して各種ご相談にのれますのであらゆるサポートが可能だと自信を持っております。
3D対地計測.jpg

当社保有機体:DJI_S900改12K360動画空撮機(機体が写りこまない360動画撮影可/動画手動合成)
Drone System 列表-01 - コピー - コピー.jpg

yokohama.jpg
教室-min.jpg

具体的な費用と取得日数に関して
DJIスペシャリスト認定講座(2日間)=55,000円(特別割引料金:通常88,000円)
*別途認定発行費用がかかります。=例DJIスペシャリストの場合16,500円

ATTIモード実技試験対策トレーニング0.5日間(飛行時間4時間)=22,000円
マンツーマン指導で専用機体(Phantom4)で実施しますので、格段に操縦テクニックがあがります。

多様な飛行形態に対応する飛行申請には技能訓練が「法」で求められていますので、以下の追加講座を受講すると飛行申請が簡略化できます。
目視外・夜間・物件投下追加講座 座学実技指導=71,500円(認定費用5,500円含む)

DJIスペシャリストになりますと
1.国土交通省へ無人航空機に係る飛行許可申請をおこなうさいに、無人航空機の操縦の知識や能力に関する確認を簡略化できる。
2.DJI公認ドローン保険の保険料が割引になる。
3.DJI JAPANが認定した経験豊富なDJI CAMPインストラクターから認定を受けるだけでなく、DJI CAMPコミュニティへの参加も可能になる。

詳しくは以下を参照ください。
https://djicamp.aeroentry.jp/

また講師は20年以上3次元計測や解析をおもに河川・海岸・地滑り・斜面崩壊などの災害地にておこなってきた土木技術者でもあり、近年ドローンをなどを利用して生産性を向上させる「i-Construction」にも対応する「マニュアルに準拠した計測飛行」「計測飛行のカメラ設定のノウハウ」「SFM解析」「3次元点群検証方法」「点群データ活用方法」などの産業パイロットとして活躍できるための講習も今後順次追加していきます。

8.jpg

またドローンで撮影した動画などをどのようにして作品にするのか?などや、実際の空撮旅行などの場合の具体的な運用方法などの認定講座を取得してからの趣味や仕事に役立つ講習なども順次追加していきます。
この専任講師が制作した作品のうちのひとつです。
https://youtu.be/6XUp7Ua7uEk

産業をはじめ今後はフライングカメラとしてのドローンはますます可能性を秘めています、その可能性を安全に楽しく追及するには正しい機体にたいする知識と操縦技術が必要です。
世界シェア7割、国内シェア8割をしめるDJI社が公認するスペシャリスト認定講座を受講することは周囲に対して自分にたいしての「安全」「安心」を手に入れるのに必須と言えるかもしれません。

当講座は以下の会社が運営しております。
https://3dvr-international.net/

開催予定イベント

2021-08-07(土)
8月
07
2人の参加者
神奈川 神奈川県横浜市保土ヶ谷区今井町1221 横浜SunnyAeropark
2021-08-12(木)
8月
12
4人の参加者
神奈川 神奈川県横浜市金沢区福浦1-5-2 横浜市金沢区産業振興センター

過去のイベント

2021-07-25(日)
7月
25
1人の参加者
神奈川 神奈川県横浜市保土ヶ谷区今井町1221 横浜SunnyAeropark
2021-07-21(水)
7月
21
2人の参加者
神奈川 神奈川県横浜市金沢区福浦1-5-2 横浜市金沢区産業振興センター